副作用

身体をサポートするアラキドン酸

アラキドン酸は、私たちの体にある細胞を構成する要素の一つであり、主に脳細胞においてその働きを発揮しています。
アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸であり体内で自主的には合成できず、食事などにより摂取する必要性があります。
アラキドン酸はリノレン酸などとともにω-3脂肪酸に分類されます。

アラキドン酸は脳の働きをサポートしています。
脳細胞を覆っている細胞膜を柔軟にし、脳の考えることや記憶することなどの働きを活発にします。
このアラキドン酸が脳の働きをサポートし向上させることは動物と人間への実験によって明らかになっています。
実際高齢者に対しても思考能力などを向上させることが明らかになっています。

赤ちゃんは脳の神経細胞を発達させるために、母乳からアラキドン酸を摂りいれますが、この成分がどれだけ大切な成分であるかが結果から分かります。
また、アラキドン酸は体の免疫力をサポートします。
それに、アラキドン酸は血小板凝集能を改善させる働きがあります。
他にも、アラキドン酸には血圧安定やコレステロール値の低下などの働きも期待できます。
アラキドン酸は過剰摂取しなければとても有効な成分です。
食事だけでは必要量をカバーできないため、サプリメントを用いることが一般的です。
アラキドン酸サプリがとくに必要な方は高齢者のみなさんです。
年齢とともにさっぱりとした軽い食事で済ませる機会が多くなると思います。
そうなると食事から十分な量のアラキドン酸が摂れなくなります。
アラキドン酸は肉類や魚などに含まれているため、食事では補えない分はサプリメントで摂るようにしましょう。